管理人と湿疹もちの息子

管理人は30代の主婦で、5歳と0歳の息子2人がいます。
今回このブログで記録しようとしているのは、0歳の息子の湿疹です。

0歳の息子は、2007年12月8日に生まれました。
生後1週間で順調に退院。その直後から乳児湿疹(脂漏性湿疹)が出始めました。

まず連れて行った(生後10日頃)のは、入院していた総合病院の小児科。
そのとき処方されたのは、「アルメタ軟膏」というステロイド薬です↓↓。

写真

私はこの「アルメタ軟膏」をもらってはきましたが、使うつもりはまったくありませんでした。なぜなら、乳児湿疹(脂漏性湿疹)にこんな強い薬をぬる必要がある気がしなかったからです。

現在5歳の一人めを育てた時は、確かに乳児湿疹(脂漏性湿疹)が出て赤ら顔になりましたが、せっけんでの洗顔を1日2回することでのりきることができました。

でも、弟は洗顔だけでのりきるのは難しいです。
ということで、今回このブログで記録しながら医師の指示に従って治療していこうと思うのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12067943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック